【ブリトー】東京で軽貨物ドライバー求人をお探しであれば株式会社JETへ2022/11/15

2022/11/15 ブログ
ロゴ

こんにちは。
江戸川区を拠点に軽貨物の運送を承っている株式会社JETです。

ちょっと小腹が空いた、けど甘いのじゃなくて、なんkなちょっと・・・って時にお世話になってます。
セブンイレブンのブリトー。
「ブリトー全品30円引き」セールは明日までです。

日本でブリトーと言うとセブンのあの商品のイメージが強いですが、ブリトーはメキシコ・アメリカ南西部などで食べられているトルティーヤ料理の1つ。
小麦粉を原料とするトルティーヤ生地で、牛肉のバーベキュー(バルバコア)やソーセージのチリトマト煮(ウィニース)などの具材をくるっと包んで作ります。
メキシコ・チワワ州にあるシウダーファレスが発祥地とされています。

ブリトー(Burrito)の語源はスペイン語の「ブーロ(Burro)」とされており、ブーロは「小さなロバ」を意味する言葉である。ブリトーと命名された理由は諸説あり、一般的には「メキシコで細く巻かれたブリトーがロバの耳のようだから」や、「ロバの背中に乗せている荷物や毛布のようだから」などといわれています。
なお、スペイン語で正確に発音するなら「ブリート」のほうが近いそうです。

ブリトーと混同しやすい料理や食材にトルティーヤやタコスなど。

トルティーヤとは、メキシコやアメリカなどで食べられている薄焼きパンのこと。
本来はトウモロコシを使ったコーントルティーヤが一般的でしたが、小麦粉を使ったフラワートルティーヤも作られている。ブリトーはトルティーヤを使った料理を指すのに対して、トルティーヤは生地そのものを指すという点で違いがあります。
ブリトーにはフラワートルティーヤが使われることが多いです。

タコスはというと、主にメキシコで食べられているトルティーヤ料理の一つ。
トウモロコシでできたコーントルティーヤ生地の上に、具材とサルサソースを乗せてから二つ折りにして作るのが一般的。
ブリトーとはトルティーヤの種類や作り方が違ってたんですね。

筒状に丸まっているものはトルティーヤ、半分に二つ折りにされているものはタコスと覚えるのが簡単ですね。
 

 

募集要項

仕事内容:軽貨物配送ドライバー(担当エリア配達・チャーター便・ルート便)

募集形態:業務委託

応募資格:学歴・経験不問、要普通自動車免許(AT限定OK)
     未経験者OK(研修やフォロー体制有り)
     シニア・主婦歓迎・副業/WワークOK
     土日祝のみOK

勤務時間:ご希望の勤務時間をご提示いただければご要望にお応えします。

《例》【1】8:00-21:00、【2】8:00-15:00、【3】14:00-21:00、【4】18:00-21:00

給与:月収50万円以上可能(勤務内容により異なります)

【1】日給25,000円以上、【2】【3】日給15,000円、【4】日給8,000円

勤務地:東京23区、周辺地域

休日・休暇:ご希望の勤務日をお選びいただけます。
      副業としての勤務もお気軽にご相談ください。

待遇・福利厚生:寮あり(事前にご相談ください)

ご興味のある方はお気軽に下記お問い合わせリンクからエントリーしてみてください!
お待ちしております!
↓  ↓  ↓
エントリー